本文へスキップ

TEL. 0964-28-8399

〒861-4215 熊本県熊本市南区城南町沈目1667
熊本県文化財保護協会

報告書・新刊紹介

令和2年度 報告書紹介 new

県報告341集 『曽畑貝塚出土植物質資料保存処理報告』

曽畑貝塚は、熊本県宇土市花園町に所在する縄文時代の遺跡です。1986年から1987年にかけて熊本県教育委員会が発掘調査を実施しました。調査の結果、62基の貯蔵穴群を検出し、そのほとんどが縄文時代前期のものと推定されています。貯蔵穴内からは編物や素材束といった豊富な植物質資料が出土し、それらを後世に残すことを目的に、1988年度から1994年度にかけて保存処理を行いました。前回の保存処理から30年近くが経過し、植物質資料に劣化が確認されたため、再度保存処理を実施することになりました。再保存処理は2014年度から2019年度にかけて行い、前回の保存処理と同様にPEG含浸法で実施し、高い成果を得ることができました。

総 頁 60頁 (写真図版 8頁)   
頒 布 1,000円(別に送料 310円)

※増刷数が少ないので、必ず在庫があるかをお電話で確認いただきますようお願いいたします。
※報告書のお取り置きは2週間です。その間にご入金をお願いいたします。
県報告342集 『宮園A遺跡1』

益城町中央被災市街地復興土地区画整理業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告。今回の調査は、宮園A遺跡ではじめて行われた本格的な発掘調査で、平成28年度熊本地震からの復旧・復興を目的とした土地区画整理事業に伴って実施されました。調査では、調査区東半部から甕棺墓13基が検出され、弥生時代中期中葉から後葉にかけて当該地に墓域が広がっていたことが判明しました。その他、埋設土器遺構や周溝状遺構、竪穴建物、土葬墓、溝が検出されており、当該地では縄文時代から連綿と人々の営みが繰り返されてきたことも明らかとなりました。これら成果は、これまで実態が不明だった高遊原台地・託麻台地南縁辺部の様相を明らかにする上で重要です。また、宮園A遺跡が所在する木山川流域には八反田遺跡・平田遺跡(益城町)、上官塚遺跡(嘉島町)など甕棺墓が検出された遺跡が点在しており、今回の調査成果は木山川流域や熊本県内における甕棺墓の展開を検討していく上でも重要であるといえます。

総 頁 50頁 (写真図版 13頁)   
頒 布 1,000円(別に送料 310円)

※増刷数が少ないので、必ず在庫があるかをお電話で確認いただきますようお願いいたします。
※報告書のお取り置きは2週間です。その間にご入金をお願いいたします。


熊本県文化財調査報告書価格表一覧

令和元年度 報告書新刊紹介 

県報告338集 二本木遺跡群8(春日地区)(田崎地区)牧崎遺跡 本文編・図版編

発掘調査では、8世紀後半~9世紀初頭、9世紀前半~10世紀後半、12世紀~13世紀及び近世熊本駅までの 4期に渡る遺構を検出しました。当該遺跡は熊本市13次調査で検出された大型掘立柱建物群を中心とする 遺構群が国府推定地とされており、これまでの調査から熊本駅周辺では竪穴建物、掘立柱建物など官衙 周辺域の集落を含む遺跡であると考えられています。また、今回の調査で不明遺構SX01では長大な溝状 遺構と方形区画が取り巻く平坦部が確認されており、溝状遺構からは土馬など祭祀用具が出土している ことから祭祀遺構であると考えられます。

本文編 総   頁   182頁  
図版編 総   頁  120頁
頒 布 (2冊セット)2,700円(送料着払い)

※増刷数が少ないので、必ず在庫があるかをお電話で確認いただきますようお願いいたします。
※報告書のお取り置きは2週間です。その間にご入金をお願いいたします。
県報告339集 赤星石道遺跡・赤星灰塚遺跡 

赤星石道遺跡は、掘立柱建物を主体とする奈良時代後半から平安時代にかけての集落跡。建物は大型の建物 で規則的な配置をもち、総柱建物を備えています。建物の周囲には大型の土坑が2基確認され、土坑内には多 量の土器が廃棄された状態で見つかり、周辺で儀礼を行ったのちに廃棄されたものとしました。墨書土器が 出土したことからこの地域の開発・経営に関わった有力者が居住していた可能性を指摘することができます。 赤星灰塚遺跡は、奈良時代から平安時代の掘立柱建物2棟確認と流路内からは縄文時代晩期の土器が少量出土しました。

総   頁 90頁 (写真図版24頁)
頒   布 1,200円 (別に送料 310円)

※増刷数が少ないので、必ず在庫があるかをお電話で確認いただきますようお願いいたします。
※報告書のお取り置きは2週間です。その間にご入金をお願いいたします。


熊本県文化財調査報告書価格表一覧


平成29・30年度 報告書紹介

県報告334集 弓削前畑遺跡 竹ノ後・芭蕉遺跡群

白川河川激甚災害対策特別緊急事業に伴う埋蔵文化財発掘調査(7)。弓削前畑遺跡の主体は弥生時代後期で、竪穴建物9軒が検出されました。約200m東で熊本市により調査された法王鶴遺跡と一連の遺跡である可能性が高く、舌状の地形の中、北側を溝で、東・西・南を白川によって区画された集落であったことが予想されます。竹ノ後・芭蕉遺跡の調査区は削平を受け遺構がかろうじて残っていたにすぎないが、本来は弥生時代中期や古墳時代終末期頃の集落が存在していたことが窺えます。

総   頁  160頁(写真図版 28頁)
頒   布 1,300円(別に送料 360円)

※増刷数が少ないので、必ず在庫があるかをお電話で確認いただきますようお願いいたします。
※報告書のお取り置きは2週間です。その間にご入金をお願いいたします。
海と山と里の考古学 -山崎純男古稀記念論集- 

本書は、福岡県板付遺跡・鴻臚館の調査、またレプリカ法による植物の解析など斬界の先駆的な調査・研究を行った山崎純男博士の 古稀を記念する論集である。山崎博士の論文「縄文の世界」では、熊本県頭地下手遺跡の擦石斧について・足型土器の祖形と展開・ 西日本における蛇の装飾の3編と、水ノ江和同・綿貫俊一・小畑弘己・春成秀爾・中沢道彦・河合章行・禰宜田佳男・内田律雄・ 池田朋生・甲元眞之・赤司善彦・松本博幸・高橋信武・山下義満・冨加見泰彦・柳本輝男・藤田憲司・土田純子・辻尾榮市 19名の執筆者による謹呈論文で構成されている。その内容は各時代から近現代、そして韓国にまで及ぶ。このことは山崎博士が海・ 山・里と幅広い行動を裏付けるものであり、またこれからの考古学研究の指針となりうる書である。

総   頁   333頁
頒   布  4,500円 ➡ 特別価格2,500円(※残りわずかのため)(別に送料360円

※残りわずかのため、必ず在庫があるかをお電話で確認いただきますようお願いいたします。
※報告書のお取り置きは2週間です。その間にご入金をお願いいたします。


熊本県文化財調査報告書価格表一覧


その他出版物紹介

改訂版:熊本県文化財ハンドブック

熊本県教育委員会の編集により『熊本県文化財ハンドブック』が37年ぶりに改訂され、熊本県文化財保護協会により発行の運びとなりました。当初は、設立40周年記念事業として発行を計画しておりましたが、一日も早い発行の要望が多かったため、熊本県教育委員会と協議を進め発行の運びとなりました。ぜひとも本県の歴史・文化財に興味・関心をお持ちの皆様をはじめ、各教育委員会、教育関係者、各地域の文化財保護委員、一般行政に携わる方々にお薦めいたします。

【全5章の内容】 
 第1章:有形文化財 第2章:記念物 第3章:民俗文化財 第4章:重要文化的景観 第5章:世界遺産 資料編
 B6版 口絵カラー8頁、全256頁、挿図66枚、写真100枚
 頒  布  1,200円(別に送料310円)
遺跡が語るくまもとのあゆみ 5冊セット (菊池川・白川・緑川・球磨川・天草)

熊本県内には貝塚・古墳・中世城等々多くの遺跡があることは諸人の知るところです。特に縄文土器の研究や装飾古墳の研究においては先進地域です。遺跡について主要河川の流域別に5つの冊子にまとめ紹介した本です。郷土学習の手引になる良書です。

頒  布  2,500円を2,000円(送料:着払い)
熊本県の文化財 (第4集)

熊本県教育委員会が文化財について啓発と保護活用に資するために発行した写真集です。昭和58年3月に出版された本で、無形・民俗行事の様子や工芸品の数々のすばらしい写真が掲載されています。資料の提供、解説、写真撮影、解説は大変著名な方々がその任にあたって居られます。おすすめの1冊です。

頒  布  3,500円を3,000円(送料:着払い)
近代文化功労者3

近代文化功労顕(S63年度・41回~H9年度・50回)を受けられた方々(51名)の功績を集録した冊子です。各文化功労者の功績を執筆した方々は、功労者と親しく交流のあった方、またその人について研究を深めておられる方です。郷土学習の手がかりとなる資料です。

頒  布  3,000円を2,000円(送料:着払い )


熊本県文化財調査報告書価格表一覧


報告書の購入方法

在庫確認後、郵便局にある青色の振込用紙にてご入金をお願い致します。入金が確認され次第、発送致します。
★ 1冊のみ注文の場合は、メール便で発送します。 報告書代+記載送料を振込んで下さい。
★ 2冊(2種類)以上注文の場合は、着払いで発送します。報告書代のみ振込んで下さい。
★ 残り少ない報告書もありますので必ず在庫確認をお願い致します。
★ 報告書のお取り置きは2週間です。その間にご入金をお願い致します。

 口座番号  01930-8-17873
 加入者名  熊本県文化財保護協会
 通信欄  報告書名と冊数を記入
 住所  〒861-4215 熊本県熊本市南区城南町沈目1667
 TEL/FAX  0964-28-8399
 E-mail s49@kumamoto-bunho.jp


熊本県文化財保護協会

〒861-4215
熊本県文化財保護協会

TEL 0964-28-8399
FAX 0964-28-8399