本文へスキップ

TEL. 0964-28-8399

〒861-4215 熊本県熊本市南区城南町沈目1667
熊本県文化財保護協会

令和3年度 事業紹介

1.役員会及び総会の開催

(1)監 事 会 4月28日(水)10:00~11:30 熊本県文化財保護協会にて開催(終了)
(2)役 員 会 5月 7 日(金)14:00~16:00 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)第5・6会議室
         新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止
(3)総   会 5月13日(木)13:30~14:30 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)大会議室
         新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止
   記念講演会 5月13日(木)4:40~16:00 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)大会議室
         新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止
         内容 文化財の保存と修復ー世代をこえ災害をこえてー
         講師 本田光子先生
            放送大学客員教授・九州国立博物館名誉館員・一般社団法人文化財修復学会副理事長

2.機関誌「文化財情報」の発行

年4回発行 A4版・12P

3.令和3年度文化財保護普及事業

第1回文化財研修会 (新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました)
熊本県内の太平洋戦争期の戦争遺跡概要について9項目をとりまとめ、全国の戦争遺跡状況等について俯瞰されます。また、玉名市内の代表的な戦争遺跡「陸軍玉名(大浜)飛行場」の最新調査状況を報告、さらには熊本県内戦争遺跡の調査・保存等の課題等についてお話されます。

日   時  令和3年6月22日(火)13:30~15:30 ➡ 令和3年8月18日(水)13:30~15:30に延期です。
会   場  玉名市天水町公民館多目的ホール 玉名市天水町小天7237-1 ☎0968-82-3570
定   員  80名(申込先着順)
申込開始日  令和3年7月13日(火)~メールでお申し込み下さい。
内   容  玉名の戦争遺跡
講   師  髙谷和生先生 玉名市文化財保護審議会委員 くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク代表

※参加申込の方法はメールのみといたします。参加者氏名・連絡先をメールでお送り下さい。申込先着順のため定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。新型コロナウイルス感染症の対策として指定席でのご案内となるため、申込なしで会場に来られても入場はできません。感染症対策のためご理解頂きますようお願いいたします。また新型コロナウイルスの状況次第では、延期や中止、定員制、日時や内容の変更等が発生する可能性があります。
第2回文化財研修会(終了)
縄文時代前期を中心とした轟式土器の標式遺跡として知られる轟貝塚。古くから存在を知られ、大正・昭和期に行われた調査で多くの土器・石器・人骨資料が出土したことが知られていますが、貝塚を含む集落遺跡として、その全貌は未だ明らかとは言い難いです。これに対し、宇土市教育委員会で近年行った発掘調査とその整理作業を通して、遺跡の全体像やそこに内包される本質的な価値が見えてきました。令和3年3月刊行の発掘調査報告書をベースに、明らかになった轟貝塚の新事実についてお話されます。

日   時  令和3年7月15日(木)13:30~15:30
会   場  宇土市花園コミュニティセンター 宇土市古保里町南五器田977 ☎0964-23-2825 会場地図
定   員  30名(申込先着順)
申込開始日  令和3年6月15日(火)~メールでお申し込み下さい。
内   容  宇土指定史跡 轟貝塚の調査と本質的価値
講   師  芥川博士先生 宇土市教育委員会文化課参事

※参加申込の方法はメールのみといたします。参加者氏名・連絡先をメールでお送り下さい。申込先着順のため定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。新型コロナウイルス感染症の対策として指定席でのご案内となるため、申込なしで会場に来られても入場はできません。感染症対策のためご理解頂きますようお願いいたします。また新型コロナウイルスの状況次第では、延期や中止、定員制、日時や内容の変更等が発生する可能性があります。

第3回文化財研修会(新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました)
2016年熊本地震によって被災し、楼門が倒壊した南阿蘇下中村の正教寺。その再建に向けた調査の過程で、永青文庫細川家文書の中から「文政六年三月 阿蘇郡南郷高森手永寺社堂宇間数改御帳」「同絵図面帳」という貴重史料が見出されました。そこから読み取れる同寺の歴史と建造物の価値を示すとともに、阿蘇地域の宗教の中世(密教)から近世(真宗)への変容と連続性を把握し、地域の歴史文化の中に位置づけてお話しされます。

日   時  令和3年9月2日(木)13:30~15:30
会   場  南阿蘇村役場大会議室 阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705-1 ☎0967-67-1602
定   員  40名(申込先着順)※定員に達し申込終了
申込開始日  令和3年8月3日(火)~メールでお申し込み下さい。
内   容   南阿蘇正教寺の歴史と建造物について-阿蘇の寺院の中世と近世-
講   師  稲葉継陽先生 熊本大学永青文庫研究センター長

※参加申込の方法はメールのみといたします。参加者氏名・連絡先をメールでお送り下さい。申込先着順のため定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。新型コロナウイルス感染症の対策として指定席でのご案内となるため、申込なしで会場に来られても入場はできません。感染症対策のためご理解頂きますようお願いいたします。また新型コロナウイルスの状況次第では、延期や中止、定員制、日時や内容の変更等が発生する可能性があります。
第4回文化財研修会(終了)
金属や石の表面に彫って残された先人の書や絵画の拓本は美術愛好家に大切にされ、また歴史資料としても貴重とされています。今回はその拓本の採取方法について実習します。

日   時  令和3年9月28日(火)9:30~12:00 ※雨天の時は10月1日(金)に変更します。
会   場  東禅寺 上益城郡御船町辺田見848 ☎096-282-2518
講   師  前川清一先生(熊本県文化財保護審議会委員・玉名市文化財保護審議会会長)
用   具  各自持参(拓墨は当日販売も致します)
会   費  500円(画仙紙代)
定   員  10名(申込先着順)
申込開始日  令和3年8月31日(火)~メールでお申し込み下さい。

※参加申込の方法はメールのみといたします。参加者氏名と連絡先(電話番号)をメールでお送り下さい。申込先着順のため定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。申込なしで当日来られても参加はできません。感染症対策のためご理解頂きますようお願いいたします。また新型コロナウイルスの状況次第では、延期や中止、定員制、日時や内容の変更等が発生する可能性があります。
第5回文化財研修会 (終了)
熊本県の県指定文化財である御大師堂は、球磨地方独特の特徴をもつ建築で、その点でこの地方を代表する建築ということもできますが、一方で、内部の須弥壇には、極めて上質の獅子等の浮彫があり、かつ関東常州の彫物師が関与していることも明らかで、当時の中央や関東との結びつきも予想されて興味深いものがあります。堂内の弘法大師像、像が納められる厨子、須弥壇、そして堂そのものは、つくられた年代もそれぞれ異なるようであります。人吉・球磨地方の建築を改めて紹介しながら、御大師堂の装飾を中心に検討し、この建物の魅力に迫ったお話をされます。

日   時  令和3年10月19日(火)13:30~15:30
会   場  湯前町農村環境改善センター 球磨郡湯前町湯前1834-1 ☎0966-43-2050
定   員  50名(申込先着順)
申込開始日  令和3年9月14日(火)~メールでお申し込み下さい。
内   容  下里御大師堂の特徴と価値
講   師  伊東龍一先生 熊本大学大学院教授

※参加申込の方法はメールのみといたします。参加者氏名・連絡先をメールでお送り下さい。申込先着順のため定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。新型コロナウイルス感染症の対策として指定席でのご案内となるため、申込なしで会場に来られても入場はできません。感染症対策のためご理解頂きますようお願いいたします。また新型コロナウイルスの状況次第では、延期や中止、定員制、日時や内容の変更等が発生する可能性があります。
熊本県文化財保護大会(第6回文化財研修会)(終了)
昨年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催出来ませんでしたが、本年度の熊本県文化財保護大会は開催予定をしております。日本遺産「日本遺産を活かした地域の活性化」をテーマに八代市鏡文化センターで開催します。
また熊本県文化財保護大会は、新型コロナウイルス感染症対策のため定員制となります。文化財保護協会の企業会員の皆様・個人会員の皆様、また一般参加の方の定員は30名(申込先着順)となります。なお市町村教育委員会の申込につきましては、県文化課からご案内がありますので、県文化課宛にお申込み頂きますようお願いいたします。

日   時  令和311月6日(土)13:00~16:00
会   場  八代市鏡文化センター 八代市鏡町内田468-1
定   員  30名(申込先着順)
申込開始日  令和3年9月28日(火)~メールでお申し込み下さい。
内   容  日本遺産を活かす視点と手法~日本遺産を地域活性化にどう活かすか~
講   師  (公社)日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野 朗 氏

※参加申込の方法は、9/28(火)からメールのみの受付とします。参加者氏名と連絡先をメールでお送り下さい。アドレスはs49@kumamoto-bunho.jpです。申込先着順のため定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込み下さい。申込なしで会場に来られても入場はできません。感染症対策のためご理解頂きますようお願いいたします。新型コロナウイルスの状況次第では、延期や中止、定員制、日時や内容の変更等が発生する可能性があります。
第7回文化財研修会 (11/9火~申込開始)
安政4(1857)年に入口が姿を現したことで発見された井寺古墳の現在に至るまでのあゆみを地震後に実施された調査成果を交えつつ古墳の今後についてお話されます。

日   時  令和3年12月14日(火)13:30~15:30
会   場  嘉島町民会館 上益城郡嘉島町上島545 ☎096-237-0058
定   員  70名(申込先着順)
申込開始日  令和3年11月9日(火)~メールでお申し込み下さい。
内   容  井寺古墳160年のあゆみ
講   師  橋口剛士先生 嘉島町社会教育課技師

※参加申込の方法はメールのみといたします。参加者氏名・連絡先をメールでお送り下さい。申込先着順のため定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。新型コロナウイルス感染症の対策として指定席でのご案内となるため、申込なしで会場に来られても入場はできません。感染症対策のためご理解頂きますようお願いいたします。また新型コロナウイルスの状況次第では、延期や中止、定員制、日時や内容の変更等が発生する可能性があります。

第8回文化財研修会 (12/7火~申込開始)
八千代座は明治後期に建設された江戸時代の歌舞伎小屋の伝統的様式を今に伝える芝居小屋です。このような芝居小屋は高度成長期とともに取り壊され、八千代座も一度は老朽化により建物崩壊の危機の時期もありました。それを救ったのが老人会をはじめとした山鹿市民でした。幾多の困難を乗り越え、八千代座は見事に蘇ります。八千代座がこれまで歩んできた道のりと現在の活用、今後の事業展開の方向性についてお話されます。

日   時  令和4年1月18日(火)13:30~15:30
会   場  八千代座交流施設 山鹿市山鹿1499 ☎0968-43-1651(山鹿市社会教育課)
定   員  45名(申込先着順)
申込開始日  令和3年12月7日(火)~メールでお申し込み下さい。
内   容  八千代座の復興と活用
講   師  井上欣也先生 山鹿市立博物館館長

※参加申込の方法はメールのみといたします。参加者氏名・連絡先をメールでお送り下さい。申込先着順のため定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。新型コロナウイルス感染症の対策として指定席でのご案内となるため、申込なしで会場に来られても入場はできません。感染症対策のためご理解頂きますようお願いいたします。また新型コロナウイルスの状況次第では、延期や中止、定員制、日時や内容の変更等が発生する可能性があります。
第9回文化財研修会 (R4/1/11火~申込開始)
昭和60年、水俣市ひばりヶ丘1丁目にて銅銭鋳造跡が不時発見されました。その後、南九州西回り自動車道水俣インターチェンジ建設に伴う発掘調査が、平成27年・28年に実施され、近世末期の銅銭鋳造に関わる遺構や遺物が明らかとなりました。注目点は、薩摩藩が琉球救済を名目に鋳造・発行した琉球通宝が、薩摩藩領内ではなく熊本藩領内から出土したことです。今回はこの点を中心に、当時の南九州における銅銭の生産・流通事情についてお話されます。

日   時  令和4年2月15日(火)13:30~15:30
会   場  水俣環境アカデミア 水俣市南福寺6-1 ☎0966-84-9711
定   員  35名(申込先着順)
申込開始日  令和4年1月11日(火)~メールでお申し込み下さい。
内   容  南九州における近世末期の銅銭について
講   師  西谷彰先生 ㈱九州文化財研究所調査研究室室長補佐・学術上席研究員

※参加申込の方法はメールのみといたします。参加者氏名・連絡先をメールでお送り下さい。申込先着順のため定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。新型コロナウイルス感染症の対策として指定席でのご案内となるため、申込なしで会場に来られても入場はできません。感染症対策のためご理解頂きますようお願いいたします。また新型コロナウイルスの状況次第では、延期や中止、定員制、日時や内容の変更等が発生する可能性があります。
第10回文化財研修会(R4/2/8火~申込開始)
熊本駅ビル建設予定地にて行いました二本木遺跡群第97次調査の成果についてお話をされます。発掘調査の中で確認された古代の集落や近世道路について、近年の調査事例を合わせて紹介されます。

日   時  令和4年3月17日(木)13:30~15:30
会   場  桜の馬場城彩苑多目的交流室  熊本市中央区二の丸1-1 電話096-328-2039(熊本市文化財課)
定   員  30名(申込先着順)
申込開始日  令和4年2月8日(火)~メールでお申し込み下さい。
内   容  二本木遺跡群第97次調査の成果
講   師  岡田有矢先生 熊本市文化市民局文化創造部文化財課

※参加申込の方法はメールのみといたします。参加者氏名・連絡先をメールでお送り下さい。申込先着順のため定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。新型コロナウイルス感染症の対策として指定席でのご案内となるため、申込なしで会場に来られても入場はできません。感染症対策のためご理解頂きますようお願いいたします。また新型コロナウイルスの状況次第では、延期や中止、定員制、日時や内容の変更等が発生する可能性があります。


熊本県文化財保護協会

〒861-4215
熊本県文化財保護協会

TEL 0964-28-8399
FAX 0964-28-8399