本文へスキップ

TEL. 0964-28-8399

〒861-4215 熊本県熊本市南区城南町沈目1667
熊本県文化財保護協会

令和元年度 事業紹介

1.役員会及び総会の開催

(1)監 事 会 4月26日(金)13:00~14:30 熊本県文化財保護協会 (終了)
(2)役 員 会 5月 8日(水)14:00~16:00 ホテル日航熊本 5F肥後 (終了)
(3)総   会 5月15日(水)13:30~14:30 市民会館シアーズホーム夢ホール大会議室 (終了)
   記念講演会 5月15日(水)14:40~16:00 (終了)
         内容 蒙古襲来絵詞と竹崎季長展を開催して
         講師 服部英雄先生(くまもと文学・歴史館館長)   

2.機関誌「文化財情報」の発行

年4回発行 A4版・12P

3.令和元年度文化財保護普及事業

6月:第1回文化財研修会 (終了)
戦国時代末期、争乱の九州に生まれた武将、立花宗茂の生涯と宗茂を取り巻く人々を、立花家に伝来する資料を紹介しながらお話されます。九州各地にエピソードが残されていますが、特に熊本の長洲町は深いゆかりの地です。宗茂の正室「閣千代」が晩年を過ごした地、腹赤村には町指定文化財「立花宗茂公夫人の墓」(通称、ぼたもちさん)について、そして、現在大河ドラマ実現に向けての招致委員会の活動についてもお話されます。どうぞご参加をお待ち致しております。

日  時  令和元年6月20日(木)13:30~15:30
会  場  長洲町中央公民館 長洲町大字長洲2772-2 電話0968-78-0053
内  容  復活の大名 柳川藩主立花宗茂
講  師  植野かおり先生 公益財団法人立花財団立花家史料館館長
7月:第2回文化財研修会  (終了)
平成30年7月に世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成遺産である「天草の﨑津集落」について、潜伏キリシタン集落としての歴史的価値や景観的価値を紹介されます。特に﨑津集落は同遺産のOUV(顕著な普遍的価値)に関して「身近なものを信心具として代用した集落」という面で貢献しているため、その具体的な内容に触れ、近世期潜伏キリシタンの実態について解説されます。どうぞご参加をお待ち致しております。

日  時  令和元年7月18日(木)13:30~15:30
会  場  天草宝島国際交流館ポルト3F多目的ホール 天草市中央新町15-7 電話0969-32-6784
内  容  世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」における「天草の﨑津集落」について
講  師  中山圭先生 天草市観光文化部世界遺産・文化財係主任
8月:第3回文化財研修会  (終了)
熊本地震で被災した重文六棟のうち楼門を除く神殿三棟と神幸門、還御門は平成30年度末に被災復旧が完了しました。破損個所の補修はもとより神殿三棟は新たに耐震補強を追加。平成31年度からは楼門の復旧を本格的に開始します。楼門は耐震診断の結果に基づき、熊本地震相当の地震にも耐え得るエネルギー吸収システムを導入した耐震補強を設計しています。これまで行ってきた修理工事と調査で判明した事柄、教育活動への取組、今後の予定について概要を報告されます。どうぞご参加をお待ち致しております。

日  時  令和元年8月22日(木)13:30~15:30
会  場  阿蘇市就業改善センター 阿蘇市一の宮町宮地2318 電話0967-22-1097
内  容  阿蘇神社の復旧についてー元の姿へ、復興への歩みー
講  師  大川畑博文先生
      公益財団法人文化財建造物保存技術協会事業部重要文化財阿蘇神社一の神殿ほか5棟設計監理事務所長
10月:第4回文化財研修会 (終了)
平成30年8月~10月に熊本県教育委員会で実施した赤星石道遺跡発掘調査の成果報告を行います。8世紀後半から9世紀中頃までの集落跡で、掘立柱建物跡(側柱・総柱)や土坑などが確認されています。古代の有力なムラの一部と思われ、その一帯は『倭名抄』にみる菊池郡9郷のうちの1郷の中心地と考えられます。どうぞご参加をお待ち致しております。

日  時  令和元年10月2日(水)13:30~15:30
会  場  熊本県立装飾古墳館 山鹿市鹿央町岩原3085 電話0968-36-2151
内  容  赤星石道遺跡(菊池市)発掘調査速報
講  師  矢野裕介先生 熊本県教育庁教育総務局文化課文化財調査班主幹
10月:第5回文化財研修会 (終了)
アジア・太平洋戦争末期、昭和19年2月に開隊した「人吉海軍航空隊」は、特攻基地の中継・補給基地として、熊本県で唯一コンクリート製滑走路を有する本格的な航空基地で活動を開始します。その活動は飛行機の整備術の習得が主となり、厳しい訓練が行われました。その後、特攻隊の練習基地としても使用され、最終的にはアメリカ軍上陸に備えた本土防衛基地として整備が進められました。その歴史と平成30年8月に開館した資料館の取り組みについて紹介されます。どうぞご参加をお待ち致しております。

日  時  令和元年10月24日(木)13:30~15:30
会  場  錦町役場会議室 錦町大字一武1587 電話0966-38-1111
内  容  旧海軍人吉航空基地跡について 錦町における取組
講  師  手柴智晴先生 錦町教育委員会参事
11月:熊本県文化財保護大会(第6回文化財研修会) (終了)
世界遺産に登録された「長崎と天草の潜伏キリシタン関連遺産」における登録までの天草市の取組みと今後の活用を講演のテーマに熊本県文化財保護大会を開催します。同日は、熊本県近代文化功労者顕彰式も開催されます。多くの方のご参加をお待ち致しております。

日  時  令和元年11月2日(土)13:00~16:35 受付は12:30~
会  場  熊本県庁本館地下大会議室 熊本市中央区水前寺6丁目18-1  
内  容  私たちの世界遺産と地域の文化遺産
講  師  平田豊弘先生 天草キリシタン館館長
11月:第7回文化財研修会
大津町でカライモの研究をされている西村氏が、中世の豪族「菊池氏」の始祖の出自について考察した論文をまとめられました。その内容についてお話されます。どうぞご参加をお待ち致しております。

日  時  令和元年11月20日(水)13:30~15:30
会  場  大津町町民交流施設オークスプラザ 大津町大津1220 電話096-293-1807
内  容  「菊池氏始祖」藤原蔵規の出自について
講  師  西村和正先生 大津町文化財保護委員
12月:第8回文化財研修会
平成28年熊本地震により被災した八勢眼鑑橋は、平成29年度熊本県文化財保存事業費によって災害復旧工事を行いました。また小坂大塚古墳は平成28年熊本地震により被災した障がい者支援施設第二明星学園の復旧工事に伴い調査が行われました。八勢眼鑑橋の復旧の過程と小坂大塚古墳の調査結果について詳しくお話されます。どうぞご参加をお待ち致しております。

日  時  令和元年12月12日(木)13:30~15:30
会  場  御船町役場第2分庁舎大会議室  御船町大字御船995-3  電話096-282-1111
内  容  八勢眼鏡橋の復旧と小坂大塚古墳の発掘調査の成果について
講  師  上坂暖子先生 御船町教育委員会社会教育課文化財専門員 
2月:第9回文化財研修会
海外で研究した世界の名建築を外観しながら過去の偉大な文明の足跡について考察し、翻って熊本城をはじめとした熊本の歴史と文化にも眼を向けて、地域の歴史と文化を知る大切さについてお話されます。どうぞご参加をお待ち致しております。

日  時  令和2年2月18日(火)13:30~15:30
会  場  氷川町公民館多目的ホール 氷川町宮原690-2 電話0965-62-2516
内  容  世界の建築と郷土の文化財
講  師  伊藤重剛先生 熊本大学名誉教授・熊本まちなみトラスト理事長
3月:第10回文化財研修会
多くの文化財が被災した熊本地震では、その復旧が重要な課題の一つです。熊本市でも震災直後から文化財の復旧に取り組んでこられました。その取組の中から、被災した古墳の調査と修復についてお話されます。古墳の内容の重要性、大切な文化財を残すための取組についても語られます。どうぞご参加をお待ち致しております。

日  時  令和2年3月18日(水)13:30~15:30
会  場  桜の馬場城彩苑多目的交流室  熊本市中央区二の丸1-1 TEL096-328-2039(熊本市文化振興課)
内  容  被災した古墳の調査と修復
講  師  三好栄太郎先生 熊本市経済観光局文化振興課文化財保護主任主事 

熊本県文化財保護協会

〒861-4215
熊本県文化財保護協会

TEL 0964-28-8399
FAX 0964-28-8399